ニート美容師が150日でスタイリストデビューするまでの道のり

『フリーター美容師』が、借金返して『フリーランス美容師』でなるまでの道のり。

勢い任せにフリーランスで独立するも『フリーター美容師』と呼ばれ、1年でリボ払い借金120万円!?そんなどうしようもない男、松下の『フリーランス美容師』として自立するまでのお話。

ホットペッパー世代に生まれて。〜続〜

こんにちは!

大阪で美容師1年目の松下です!

 

前回の記事は色々な方の助けもあり、

本当に沢山の方に読んで頂いており、

今までで1番読まれています。

 

本当にありがとうございます。

 

 

そこで、

前回の記事でも触れさせて頂いた、

ホットペッパーの事について

僕が聞いた話、

そして僕がそれを受けてという、

あくまで僕の主観で今日は綴っていこうと思います。

 

前回の記事はこちら↓

 ホットペーパー世代に生まれて。 - 美容師1年目の日々夢想日記。

 

 

 

 

前回の記事で

ホットペッパービューティが出来たことで、

美容師の本来の価値が下がっていってるんじゃないかという事は

書かせて頂いたんですが、

そもそも

何故、ホットペッパービューティが出来たのか?

というのを

僕が聞いた話をベースに書いていきます。

 

 

ホットペッパービューティというものは

そもそもリクルートという会社が

ホットペッパーグルメという物をSNSが普及するに当たって打ち出した後に

作られた物だと僕は記憶しています。

 

それまで、

食べログなどはあったものの

本格的に飲食店と提携し、

クーポンという形で打ち出し

大手チェーンを始め、町の飲食店を活性化、

と共に集客するという大きな取り組みは無かったです。

 

その新しい形が世の中のSNSの普及と共に

爆発的に流行り、

瞬く間に一般化しました。

 

そこで、

次にリクルートが目をつけたのが、

それまで少し格式が高い様に感じられた

美容室との提携でした。

 

これも瞬く間に一般化し、

初めての美容室に行く上での

大きな入り口になりました。

 

そのことにより、

それまで女性がほとんどだった美容室が大衆化し、

現在では男性をターゲットにした美容室も増え、

美容室が一気に身近に感じれる様になりました。

 

 

ですが、

美容室(美容業界)が活性化する反面、

激安サロンや低価格サロンなどが増え、

価格破壊が起き始め、

それまでブランド志向だったサロンも

いかに安くして集客するか?の様な

本来とは違った流れが出来たのも確かです。

 

その流れが大きくなればなるほど、

それまでブランド志向だったサロンも

だんだんとその流れに乗らなければ集客するこたが困難になり、

また、

美容室の利益が下がるにしたがって、

美容業界全体の利益も下がって、

結果、美容師自体が苦しい時代がやって来ました。

 

そうなることで

美容師の給料が下がるので、

みんな独立したがります。

 

ですが、

独立した所でその流れは変わらないので、

結局、

同じ様に美容室とそこで働く美容師が

苦しいことが続く。

 

 

しかもそこに追い打ちがかけたのが、

ホットペッパービューティに自分の店を掲載する上で発生する、

高い広告費です。

 

利益は上がらないのに、

広告費は変わらない、むしろ上がっていく一方。

 

それにしたがっての美容師の収入の低下。

そこから起こる、美容師の減少。

 

ですが、

美容室は増え続けているので

またそこから起こる慢性的な美容師不足。

 

上げ出せればキリがありませんが、

正に負の連鎖です。

 

 

 

また、

現在もこの流れは続いており、

美容業界全体も苦しい時代が続いています。

 

 

こうやって書いていくと、

消費者面は良くなったものの、

美容師側は悪いことばかりじゃないかと思いますが、

実はホットペッパービューティを立ち上げた方たちの意図は

本来少し違ったものだったと聞きます。

 

 

ホットペッパービューティを立ち上げる上で、

最初に4人の方がいたらしいです。

ですが、

その人たちは現在リクルートには在籍していないらしいです。

 

そこでこれは

あくまで僕がそれを聞いて思った事ですが、

最初に立ち上げに関わった4人の人たちは

"もっと美容室というものを、身近な存在にし、

美容室(美容師)というものの素晴らしさを

一般の方に知ってもらう"

という手伝いをしたくてその入り口を提供したんじゃないのか?

と思うんです。

 

ですが、

ホットペッパービューティというものが、

一般化し、大きくなるにつれて、

その最初の意図とは違った方向に逸れていったから、

その後は離れたんじゃないかと思います。

 

凄く都合のいい解釈だし

色々と思う所はあると思いますが、

僕はあながち間違ってないんじゃないかなぁ

と思います。

 

 

 

 

 

なので、

ホットペッパービューティは凄く便利でありながら、

本来の形を失いつつある中で、

前回の記事でも書かせて頂いた様に

僕たち、ホットペッパー世代

その立ち上げに関わった4人の方や

美容業界を引っ張って来た先人たちの意思を受け継ぎ、

ホットペッパービューティに変わる

新しい形のものを作ることが必要ではないでしょうか?

 

 

じゃあ具体的に

それはなんなのかという所ですが、

現在の僕では皆さんを納得させるだけのことを

お答えする事は出来ません。

 

というか、

それは1人1人違った自分なりのものだと思います。

 

それが本来の技術職である

美容師の形だと思うし、

みんなが同じという日本の悪しき風習を突き詰めた結果、

今の美容業界があると思います。

 

 

現在やこれからの時代は

1人1人の個性自分自信がどうか?

という事が美容師だけではなく社会全体に

求められてくるとも思います。

 

 

話が脱線しましたが、

そういった意味でも現在では、

SNSというもので実に簡単にかつ様々な自分の個性

というものを表現できるので、

僕たちはそれをいい意味で活用し、

一貫性を持ち得た新しい形のもの(個性)

作っていくべきじゃないかと思います。

 

 

 

 

なんか下手くそな文で色々と書きましたが、

今日はホットペッパービューティの事など

書かせて頂きました。

 

念をおす様ですが、

あくまでこれは僕の聞いた話や、

それを受けて思ったことなどの

完全に僕の主観での話ですので、

多々お聞き苦しい点はありますが、

何卒ご了承ください。

 

そして、

最後まで読んで頂き、

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

では今日はこの辺で!

 

 

 

 

僕の

Facebookはこちら
https://m.facebook.com/taiju.gogle
Twitterはこちら
https://mobile.twitter.com/taiju_dayo

ご気軽にフォロー&友達申請して下さい(^^)

 

カラーモデルも随時募集しています!

LINE Add Friend QR code

こちらから友達追加できます。

よろしくお願い致しますm(__)m

スポンサーリンク
-->