ニート美容師が150日でスタイリストデビューするまでの道のり

『フリーター美容師』が、借金返して『フリーランス美容師』でなるまでの道のり。

勢い任せにフリーランスで独立するも『フリーター美容師』と呼ばれ、1年でリボ払い借金120万円!?そんなどうしようもない男、松下の『フリーランス美容師』として自立するまでのお話。

僕は今人生という名の旅にでる。

こんにちは!

大阪で美容師1年目の松下です!

 

 

 

僕は今人生という名の旅に出ようとしてる。

 

 

 

どういう事かというと、

僕は誰も成し得た事をしたいが為に

今月いっぱいで今働いている会社をやめて、

お金を貯め、

4月から東京の美容室で働こうとしてる。

 

 

それで僕に会社の先輩方は皆、

優しさからなのか、

何からなのかは僕には分からないけど、

"お前には無理だ"

"甘い、そんなの出来る訳ない"

"絶対に失敗する"

と口々に言って下さる。

 

確かに僕は技術も無いし、

世間知らずだし、

"変わってる"

と良く言われ、

"お前は変だ"

とある先輩はいい、

それが一般論だとも先輩はいう。

 

でも、

僕は思う。

"一般論から外れた奴は

夢をもっちゃダメなの?"

"僕の夢は叶わないの?"

 

 

僕は小さい頃から常に

何かしらの夢があって、

その時は子供ながら本気で叶えたい!

と思っていた。

 

でもそれらも叶わなくて、

というか中途半端に投げ出した。

こんなの叶わないと。

 

それでも"世間でいう大人"

と言われる年齢になった今でも、

僕には変わらず夢がある。

"本当に叶えたい夢"

そこに関しては子供の頃と変わらない。

 

でも、

そこには確かに違う何かもある。

 

成長していく上で、

僕は色々な人と出会い、

その人達一人一人から色々な考えを教わり、

色々な価値観が僕には身についた。

 

その中で、

子供の頃の僕とは確かに違う、

"夢を叶えたい理由"が生まれた。

 

子供の頃は単に自分が幸せになるとか、

有名人になりたいとか、

全部"自分の為だけ"の夢だった。

 

でも今は成長していく上で出会った、

"大切な僕の周りの沢山の人"

"僕の家族"

を幸せにするという、

"自分以外の人の為の夢"

が出来た。

 

勿論自分が幸せにならないと

人なんか幸せに出来ない。

だから僕は

"自分と周りの人の為に本気で"

夢を叶えたい。

 

僕を支えて応援してくれる大切な人や家族。

そこには責任が生まれてきて、

僕の夢は僕のものだけじゃなくなって、

投げだせなくなった。

叶えなければいけない。

 

 

例えそれが世間一般でいう、

"変な"奴の変な夢でも。

 

 

世間は優しいから僕にいう、

お前じゃ無理だと。

 

でも僕はやってみないと分からない!

とそう思ってる。

 

だってそれこそ、

それを言ってる人達は、

"やった事の無い人"達だから。

 

 

例えそれで転けても、立てばいい。

失敗したなら、経験にすればいい。

 

甘い?理想論?

はい、甘いです。理想論です。

だって僕は"知らない"から。

 

でも僕はその人達の話を

否定しようとも思わない。

それを汲み取って、

それも1つの価値観として

僕の経験値として受け入れようと思う。

 

それもその人達が辿りついた"価値観"だから。

 

僕は人に何を言われようと

叶うまで夢を持ち続けようと思う。

 

 

だってそれも僕の、

人生という名の旅なんだから。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いて、

ありがとうございます。

 

Facebookはこちら

https://m.facebook.com/taiju.gogle

Twitterはこちら

https://mobile.twitter.com/taiju_dayo

f:id:TaijuMatsushita:20160925224022j:image

スポンサーリンク
-->