ニート美容師が150日でスタイリストデビューするまでの道のり

【自由】ってなんだ?僕にとっての【自由】は今笑って楽しめているかどうか。


【自由】ってなんだ?僕にとっての【自由】は今笑って楽しめているかどうか。




先日こんな記事を読みました。


僕の師匠である淳さんの記事。



なんか上手く言えないけど、自分に当てはまるものを感じました。



そして思いました。


「僕にとっての自由ってなんだ?」




今回はそんな素朴な疑問から、僕自身の【自由】だと感じることを書いていきたいと思います。



僕は世間一般的にいう【自由】を手に入れた。


僕はちょうど1ヶ月前に、スタイリストデビューし、フリーランスとして独立しました。


誰にも雇われず、縛られず。


自分の思った事を実行し、体現出来る。


ある意味で、僕は【自由】を得たのかも知れません。



僕と同じ年代の人達は、現在お店や会社に勤めていたり、はたまたこれから就職し、その会社であったりお店に従事するのが一般的です。



そう言った意味で、僕はやはり【自由】を手に入れました。



前述した同じ年代の人たちからは、それはもう羨ましく、且つ魅力的に見えるかも知れません。




だけど、僕はその人達に言いたい。


「自由って、それなりの代償が伴うよ。」


って。



【自由】には、代償が伴う。

例えば、僕の場合。


自分のお店(面貸し)では、予約が入っていなければ何時に出勤してもいいし、空いた時間で何をしてもいい。



それこそ、空いた時間で外出してもいいし、本を読んでもいいです。






どこかの会社に勤めていれば出来ないであろう、『自分のペースで仕事を進める』という事ができ、やる事もとやらないでいい事を自分で決める事が出来ます。



勤めている人達から見れば、ある意味僕はこの上なく【自由】に見えるでしょう。




ですがその反面、普通に勤めていればやらなくていい事でも、やらなければいけない事も沢山出て来ます。







美容師に例えるとすると。



例えば、『集客』




普通に美容室に勤めて入れば、自分はあまり何もしなくてもその美容室が何かしらの方法で『集客』してます。




それはホットペッパーだったり、それに変わる何かしらの宣伝媒体を使って、美容室がお金を払い行ってくれます。




だからある意味そうして『集客』され、お店に来たお客さんをただひたすらに綺麗にしていれば、お店を介して『給料』といった形でその収入を得る事ができ、ある程度の『安定した収入』が保証されるでしょう。






ですが、フリーランスである僕の場合その『集客』を、全部自分でイチからしなくてはいけませんし、待っていてもお客さんは来ません。



なので、ブログだったりSNSだったり、飲みに行ってみたり、はたまた街に出て声をかけたりなどそれなり様々な方法で『集客』していたりします。




全部自分の時間を使って。




勤めていれば、ある意味待っているだけでよかった自分の時間を使い、動かなければいけません。



動かなければ収入を得る事は出来ませんし、そしてそこに『安定した収入』というものはありません。



その代わりに、自分で好きな施術料金を決めれたり、その施術の『報酬』という形で直接的な収入を得る事が出来ます。











ですがその他にも、『税金』や『保険』や『年金』のことも、勤めていれば会社が勝手にやってくれていた事も、自ら全部やらなければいけません。




そして僕の様なフリーランスは、それらの事を自分の時間を使ってやらなければ、前述したとおり『代価』(収入)を得る事は出来ず、生きていく事は出来ません。






僕の好きな漫画の言葉を借りるなら『等価交換』

http://sp.ch.nicovideo.jp/hagaren

(アニメも03年版09年版共に好きで、漫画も全巻もってる。笑)




この言葉以外ありません。



何かを得る為に、何かを犠牲にしなければいけない。



言うなれば、それなりの『代償』を払い、【自由】を手に入れているのです。





それらの『代償』に見合っているかどうかは、それぞれの感覚によるものですし、僕自身も今現在で見合っているかどうかも実のところ分かっていません。




『それぞれが何に価値を感じるか?』

という事になってきます。





好きな時間に出勤できる事など、時間に縛られない事に『価値』を見出せたなら、それはその人にとっての【自由】と言えるでしょう。



そしてこれは多くの人にとってもそう感じる部分でもあるのではないでしょうか?




ですがその一方で、僕の感じる【自由】は実はもっと他のところにあります。






今を笑って楽しく過ごせているかどうか。


かつての僕にとっての【自由】は前述した様に、時間などに縛られないといった事でした。



ですが僕は独立後の今日までの1ヶ月間で、今までとは違ったところに【自由】を感じる様になりました。




それは、『自分の好きだと思える事を、好きなだけ楽しく笑って出来る』という事。




要するに【今を笑って楽しく過ごせているかどうか。】という事です。





これが僕がこの1ヶ月で学び感じた、


「僕にとっての自由ってなんだ?」


といった問いに対しての1つの答えです。





時間は作ろうと思えば幾らでも作る事は出来ます。


極端は話、勤めている会社を辞めてしまえば時間は作る事が出来るでしょう。



ですが、『自分の好きだと思える事を、好きなだけ楽しく笑って出来る』という事は、自分がどれだけ願ってもそう簡単に手に入るものでも無いのかもしれません。



そもそも好きな事が無ければ、手に入れようにも手に入る訳がありません。




『好きなだけ楽しく笑って出来る』と言うのも、いくつもの要因が重なって初めて実現し得る事だとも思います。





これに関しては、淳さんの記事にもあった【自らに由る】という事こそが【自由】という考えに繋がってきます。






そして果たして、日本の総人口である1億2616万3576人の中で、どれだけの人がこうした事が出来ているでしょうか?



「今を笑って楽しく過ごせていますか?」


と聞いて果たして何人の人が『Yes』と答えれるでしょうか?




多分半分もいない気がします。






そしてこれからの時代はこういった形の【自由】のあり方が鍵になってくると僕は感じています。


また、こういった僕の様にフリーランスとしての【自由】を選ぶ人と、大企業に勤めその枠組みの中での【自由】を選ぶ人とで、二極化していくのでは無いかとも感じています。





原点回帰でそれこそ、『それぞれが何に価値を感じるか?』

という事が基準になってくるのでは無いのでしょうか?


まとめ

【自由】ってなんだ?

という問いに対して、『自分の好きだと思える事を、好きなだけ楽しく笑って出来る』という事であり、言うなれば【今を笑って楽しく過ごせているか。】というのが僕の答えになります。


そして、それらの【自由】にも何かしらの代償があり、その上に成り立っているものです。



これからの時代はそうしたフリーランスの【自由】や、会社という枠組みの中での【自由】という選択で、どちらを選ぶのかといった二極化してくるとも思います。


全くの対極にあるようにもも見える選択肢ですが、そこに共通しているのは『それぞれが何に価値(自由)を感じるか?』というものです。

それがこの二つの選択肢を選ぶ上での、基準にもなります。




そしてこの記事を読んだことを機に、あなたも自分に問いかけてみて下さい。





自分にとっての【自由】ってなんだ?

と。





ご予約は予約専用LINEより。

ご予約は下記の予約専用LINE『友達追加』ボタンよりお願い致します。
完全なビジネスアカウントなのでプライバシーも守られます。
また、お得なキャンペーン情報もこちらからご連絡させて頂きますので、是非登録してみて下さい!
友だち追加

スポンサーリンク
-->