ニート美容師が150日でスタイリストデビューするまでの道のり

自分がこの世で1番価値のない人間だと感じていた。だけど、そんな事で自分責めたっていい事なんて一つない。

ご無沙汰しております。

2週間以上も更新が空いてしまいました。

すいません。


更新が出来なかった理由は忙しいとか時間がないとか以前に、書けなくなりました。


スランプとかそんなかっこいいものではありません。

ただの厨ニ病みたいなものです。



久しぶりに柄にもなく色々悩み、色々と考えてしまいました。


今回はこの何週間か考えていた事を書いていきたいと思います。





はじめに

何を悩んでいたか。

めっちゃくちゃざっくりですが、色々です。


技術の事。技術以外の事。モデルの事。お金の事。他人の事。自分の事。。。。




はっきり言うと、なんかいっぱいいっぱいになってしまいました。



"技術が足りていないからレッスンしなくてはいけない。
だけどお金も無く、生活しなくてはいけないからバイトもしなくてはいけない。

そんな中で毎日のレッスンのモデルさんも確保しなくてはいけない。

もっとレッスンしなくてはという思いと、疲れからそれを出来ていない自分。

そして、そういった面や色々な面で講師や色々な方の期待を裏切ってしまっている自分の情けなさと自責の念。


そんな全然ダメダメで何の取り柄もない自分とは逆に、自分の周りの魅力溢れるキラキラした人達。"





そんな不器用で上手くやれない自分、何の取り柄もなく魅力もない自分が大嫌いになった。

何よりもこんな僕に期待して下さった色々な人達に申し訳無かった。




「自分って何だろう。自分に何が出来るんだろう。」

と日々自問自答し、悩む毎日。


そしてそんな何も出来ない自分を、【この世で1番価値の無い人間だと感じていた。】



凄く大袈裟だし、悩んだってしょうがないし、答えが出ない事は分かっている。





だけど、どうすれば今の状況が改善するかも分からず、相談する人もいない。

というかこれ以上色々な人に相談(頼る)事は出来るだけしたく無い。




そんな正に絵に描いたような、いっぱいいっぱい。


常に頭の中はぐちゃぐちゃ。


なんか自分でもどうしていいか分からなくなってました。





多分僕よりも頭が良くて器用な人は、瞬時に答えを導き出して解決するんだろうけど、僕はあいにく頭も悪くて、何も取り柄のないつまらい人間。




今更ながらそんな事でこの何週間か悩んでいました。







だけど。。。




結局自分は自分でしかない。


そう改めて思える様になりました。


僕は結局、何も取り柄のないつまらない人間。




イケメンでもない。

頭が良い訳でもない。

話すのが上手い訳でもない。

技術がある訳でもない。

みんなが持っていない特別な才能がある訳でもない。



だけどそれも含めて全部自分なんだなと思います。

"僕はつまらない人間"


それが今の自分の現状。


ちょっとやそっとでそれが変わる訳でもなく、バカだから悪い頭をひねった所でそれは変わらない。



だけどそんなバカでも応援してくれる人がいる。




これは毎週日曜日にお世話になっている(毎週日曜日だけ1日サロンワークさせて頂いている)Tento-で、オーナーの山口さんのお客様に頂いた。人生で初めての差し入れ。




この日は特別に営業中にお店の一席を貸して頂き、モデルレッスンをさせて頂いていました。



カットパーマだったんですが、思いの外時間がかかってしまい、かなり必死になって施術していました。

そんな中で少し手が空く瞬間があり、その時山口さんに呼ばれて、ほんの少しの時間ですがその時担当されていたお客様と話させて頂きました。





聞く所によると、前々から山口さんがそのお客様に僕の事を紹介して下さっており、僕のブログも読んで下さっているとのこと。



その時はその事を聞いてお礼を言い、すぐにまた自分の施術に戻ったので、時間にしてほんの2分位しかお話し出来ず、僕が施術している間にそのお客様も帰られました。



その後暫くして僕もモデルレッスンを終えてその片付けをしていると、先程帰られたはずの山口さんのお客様がこのお菓子を僕にわざわざ渡す為に、再度Tento-に来て下さったんです。。。


なんかもう、、、めちゃくちゃ嬉しくて、嬉しくて。


勿論、差し入れも頂いたこと自体も嬉しかったですが、わざわざ僕の為にご自身の時間を使って差し入れの品を買って、持ってきて下さったというその事実が何よりも嬉しかったです。


余りにも予想打にしていなかった事なので、一瞬戸惑いましたが、あの瞬間の事は多分一生忘れないと思います。






そんな事もあった中で、その後お話しさせて頂いたお客様も皆さん
「凄いね!頑張ってね!!」

という本当に温かいお言葉を頂き、いっぱいいっぱいになっていた事もあり何度か営業中にウルっときてしまい、涙を堪えるのに必死でした。笑
(営業後の終礼で感極まり、柄にもなくめっちゃくちゃ泣いてしまった事は内緒です。笑)




そんな事があり、何だか吹っ切れた物が自分の中でありました。




色々な物が自分には足りないけど、だけど応援して下さる方も確かにいる。

それはとても尊い事で、特別な事で凄い事なのかなって思います。


人間無い物ねだりをする生き物だから、すぐに羨んだり、自分の短所ばかりに目がいってしまうけど、それも全部自分なんだから認めてしまうしかない。

認めてしまって、1つずつ変えていくしかない。


だから改めて、今の自分も結局自分でしかないなと思える様になりました。




ブログで偉そうに色々書いていますが、自分自身まだまだ。

というかまだまだじゃ無い所の方が少ないです。


なるようにしかならない。

結局そうだと思います。

本当になるようにしかならない。




頑張ったらその分結果がついてくる時もあるし、そうじゃなくて悩む時もある。


くよくよ悩むのは必死さが足りていないからとか、余裕があるから悩むとかよく言われますが、それはそうかも知れないし、違うかも知れません。


でも多分僕の場合やっぱり、バカだからその都度悩んで経験しないと分からないと思います。




たとえその結果が良くても悪くても、結果は結果でしかなくて、焦ってもしょうがない。


ただひたすら目の前の事を必死にやって、経験にしていくしかない。


だからいい意味でやっぱり、なるようにしかならないのかなと思います。



出来ないからそこに必死になって、そこばかり観ていても分からない事もあって、少し離れて客観的に観て分かる事もある。


焦って失敗したら1番辛いし、何も生まない気がします。





最後に

この企画は、普通2、3年かかる事を5ヶ月という本当に短い期間でやっているので、多分この先もいっぱい躓くと思います。

凝縮されてる分、何度も挫折しそうになると思います。

この先2、3年の縮図のように。


只でさえ沢山の困難があるのに、バカでクソ不器用の僕だから余計に沢山あると思います。




だけど、僕は諦めが悪いからその度に色々な人に迷惑をかけながら進んでいくんだと思います。

"三歩進んだら、二歩戻る様な僕の人生だけど。

僕は這いつくばりながら今日も進んでいきます。"



自分の人生だから、自分の為に頑張るのは勿論だと思うけど、支えて下さった人や温かい言葉で応援して下さった方々に恩返しするべく、頑張ります。


人間大切な誰かの為なら何倍も頑張れると思います。




そして、今度は僕が誰かを支えれる存在になれるように。

スポンサーリンク
-->