ニート美容師が150日でスタイリストデビューするまでの道のり

【永久保存版】今、美容師アシスタントの人に最も伝えたい、絶対に知っておくべき事3つ。



【今、美容師アシスタントの人に最も伝えたい、絶対に知っておくべき事3つ。】



どこかのお店に所属してアシスタントをしていると、

「しんどいなぁ〜シャンプー入りたくないなぁ〜」

「何でこんなに怒られなくちゃいけないんだ!?」


しんどい(体調悪い)、眠い、手荒れ痛い、疲れた、腰痛い、お腹減った、先輩怖い、etc......




当然、アシスタントも人間ですから様々な理由でそう思う瞬間というのは誰しも経験した事はあると思います。





僕もたった半年という短い期間でしたが、お店に務めている時はそういった事を感じた時はありました。




だけど、お店を辞めデビューする事が決まり、どこにも所属せず自分で全部やらなくてはいけない様になり、前はそう思っていた事が

本当に大切(特別)な事だった。

と気付く毎日です。




今回はそんな、今の僕だから伝えれる【今アシスタントの人に知って頂きたい事】を書いていきたいと思います。







前回は兵庫県芦屋のHair Space Assoにて、オーナーの磯田さんにセイムレイヤーのチェックをして頂きました。また、最近業界で話題になった、「美容師の上手下手。」について僕なりの考えを書かせて頂きました。




この企画が始まって47日目。





この日も朝から引っ越しのバイトにいった後、17時頃より大阪府東心斎橋のSageにて、オーナーの佐名さんにブローのレッスンをして頂きました。




この日を入れてあと佐名さんレッスンもあと2回という中で、集中しながら黙々とウィッグで練習していきます。



初めはブラシの使い方すらままならなかった僕ですが、まだまだ毛先の処理がなどが甘いものの、何とか形になってきました。


週に一度だけのレッスンですが、毎回マンツーマンで教えて頂きながら、少しずつ少しずつ形が取れる様になってきました。




佐名さんには毎回レッスンの事だけではなく、僕の体調の事などを常に心配して下さっていて本当に本当に常日頃からお世話になっており、頭が上がりません。




この企画以前からも、数日だけSageでバイトさせて頂いたり、その場面場面で色々な事を教わりました。





どこかのお店に務めていれば、営業中にシャンプーをさせて頂きその後にヘルプでブローを入らせて頂いたり。


もしヘルプで入れなくても遠くから見ていてその後質問出来たり、営業後レッスンを見て頂いたり。




様々な場面で"技術を教えて頂く機会" は沢山あります。




だけど、僕の様などこにも所属(務めず)せず、フリーランスでやっていく美容師は、それらの機会は何かのキッカケやアクションを起こさない限り、巡ってくることはありません。






それもこれも自分が選んだ道だから、何も文句もないし、しょうがない事です。






だけど、その一方でアシスタントで務めていた時は
「しんどいなぁ〜。」

と感じていた事も、全て意味があり、無駄な事は何一つとしてなかったんだと気付かされる毎日です。




そして、それらを踏まえて

僕がアシスタントの人に伝えたい3つの事。


アシスタントの方に聞きます。

シャンプーは何でアシスタントが行くと思いますか?




スタイリストが忙しいから代わりに?分業制?



少なからず、そういった意味もあるでしょう。


だけど、本当の真意は、"カット前とカット後の質感の違いを肌で感じさせる為"だと思います。



それはもしかしたら、気付かない美容師さんもいるかもしれません。


ですが、全員それらを経験しスタイリストになる頃には、その感覚が自然と備わっています。



なのでそういった意味でも1つ目は

1,"ヘルプ"はスタイリストを助ける為ではなく、自分が学ばせて貰っているという意識。


「はぁ?何それ?いきなり綺麗ごと??」

と思われる方も多いと思いますが、本当にそうなんです。



勿論、全ての人がそうと言えるかは分かりませんが、スタイリストが自分の代わりに技術を任せる(シャンプーなど)という事は、アシスタントに経験を積ませているという思いが少なからずあります。


また、自分の顧客であればその人の事を一番理解しているスタイリスト自身が施術する方が、効率良く、早く、的確に行えます。




ですが、それを代わりにやってもらうという事は、アシスタントの失敗の責任を担うという事になり、スタイリストからすればリスクしか有りません。





だけど、それらを分かった上で経験させる為や、近く技術を見させる為に"ヘルプ"に入らせて貰っている。




それらを知った方がいいし、意識した方がいいと思います。





こんな事言われても、その当時は分かりません。

僕もそうでした。



だけどいざ自分がスタイリストになった時に分かると思います。

ましてや僕の様なフリーランスでやっていく人間は、それらをこの先誰も教えてくれないので、自分で気づいて意識していくしかありません。




僕もそういった事で気づきの毎日です。





捉え方次第ですが、全ての事に意味があり、深い意味がないと思っていた事でも実は重要な事だったりします。





僕は今は、務めていた時にヘルプや技術に入らせて下さっていた先輩に改めて感謝していますし、お礼を言いたいです。




そういった意味では、
「見て覚えろ!!」

という、いかにも冷たく聞こえがちな言葉にも、愛がある様に感じれます。







そしてその機会を多く与えて貰う為にも

2,先輩には可愛がられた方がいい。

先輩や上司には、可愛がられるに越した事はありません。

当たり前だと思いがちですが、思っている以上にこれは大事です。



前述した"ヘルプ"の事もそうですが、可愛がられていた方がそういった機会に多く恵まれます。




だけど何も媚びろとかそういう訳じゃ無くて、何でも話せる様な、心から尊敬する先輩に沢山出会って、沢山可愛がって貰った方がいいです。



上手くやれるに越した事はないですが、僕はそんな器用な人間じゃないので、それは出来ませんでした。




だけど出来なかったからこそ、色んな事を言われたし、辛かったけど、その中でも信用出来る先輩を大切にしたいと思えました。



そして今、沢山の"僕の心から尊敬する先輩方"に可愛がって頂いていて、とても幸せです。





そして、そこで勘違いしてはいけないのは、

『先輩への恩返しは、自分が立派になる事であり、お世話になった分だけ何かを返す事ではない。

本当の意味での恩返しは、自分に後輩が出来た時に先輩方に可愛がってもらった分だけ、もしくはそれ以上に後輩を可愛がる事。』






これはあくまで僕の意見ですが、本当に自分の事を思ってくれている先輩は見返りなんて求めない。

ただ自分が立派になった姿を見せる事が最大の恩返しであり、最も喜んでくれる事だと思います。




出世払いって良く言いますが、それは実は建前でその真意は
「あなたの成功(繁栄)を願ってます。」
という期待を込めてのもの。

だからその可愛がって貰った分だけ、立派な人間になる事が一番なんだと思います。

(自来也の意識を継ぎ、立派な火影なったナルト。)



それら全てを含めて、先輩には可愛がられた方がいい。


これが僕が2つ目に伝えたい事。






そして最後に

3, 自分の特化した(得意な)物を見つける。

ここで同じ位大切になってくるのが、"時間の使い方(選択の仕方)。"


これは、前述した2つにも通ずる事です。




アシスタントの内に、技術に限らず自分な好きな事や夢中になれること、得意な特化したものを見つけておく。


その中でどういった時間を選択し、過ごすのか?




1つの技術をとことん追求するのか?

それとも趣味に没頭するのか?




決して多くない自分の時間を、どういったものに投資するのかで、スタイリストデビュー後やその後の美容師人生に大きく影響します。




今の時代、美容師の技術力というものはある程度拮抗していて、皆さん大体上手だと思います。

ですが、その中で頭1つ出ようと思えば、"人よりも特化した何か"が無ければ無理だと思います。




デビュー仕立ての頃は技術も経験もそれほど無いので、むしろ技術以外の特化したものが大切になってくるのかも知れません。





そういった自分の特化したものを見つけるという事は、自分を客観視し自己分析するきっかけにもなるので様々な事でメリットがある様に感じます。


特に僕の様にこれからフリーランスも視野に入れている人は必須だと思います。





それらを踏まえて、自分の特化した(得意な)物を見つける。

というのが僕の3つ目の伝えたい事です。






まとめ

1,"ヘルプ"はスタイリストを助ける為ではなく、自分が学ばせて貰っているという意識。

2,先輩には可愛がられた方がいい。

3,自分の特化した(得意な)物を見つける。


以上3つが僕の
【今、美容師アシスタントの人に最も伝えたい、絶対に知っておくべき事3つ。】

です。




それぞれ色々と書きましたが、どれも共通している点は"自力をつける"という点です。


"どこかに所属しなくても、自分で何とか出来る力。"


この力をつける為に必要な事です。



今の激しく物事が変わっていく時代では何が起こるか分かりません。




少し前に、某有名サロンが潰れました。



"カリスマ美容師時代"というものを作ったお店ですら潰れる時代なんです。




だから、僕ら世代はより一層"自力をつける"という事がとても重要になってきます。


なので上記の3つの大切さを知り、それらをより意識して行く事が、これからくる新しい時代の中でもやっていけるだけの美容師になるという事に繋がってくると思います。



"知らないよりかは、知ってた方がいいし。

知ってるよりも、経験した方がいい。"


というのは確かですが、これも何かの参考になればなと思い、自分の今経験している事と絡めて書かせて頂きました。




長々と書きましたが、これからの時代を担うのは間違いなく僕たち若い世代です。






頑張ろう!






この日お世話になったSageの詳細

access 大阪市中央区東心斎橋1-3-29 EAST心斎橋K.Mビル3F
HP http://hm-sage.com/index.html
owner 佐名 正子さん
owner's Facebook
https://m.facebook.com/profile.php?id=100007543515283



毎日のレッスンモデルご協力のお願い

毎日のレッスンでのモデルさんを募集しています!
毎日発信とモデルハントはしているものの1人で集めるのには限界があります。

僕の事を応援して下さる方はモデルさんになって下さるか、モデルさんを紹介して頂けると、とてもとても助かります!

というか僕を助けて下さい!

精一杯させて頂きますので、よろしくお願い致します!


詳細は下記のLINEの友達登録ボタンよりお願い致します。

スポンサーリンク
-->